就活生必見!本当に役立つ資格はコレだ!

就活に向けて今取るべき資格を紹介

>

金融業界や経理・会計などの職を目指すならこの資格!

「簿記」財務関係の仕事を目指す学生に!

日商簿記は日本商工会議所が主催する資格試験です。金融関係や経理などの職を目指す学生はぜひとも取得しておきたい資格です。簿記を取得しておけば、即戦力になれる、本気度をアピールできるなど、就活を有利に進めることができます。また、簿記を勉強すれば財務状況が確認できるようになるため、それ以外の営業や企画を志望する学生も持っていると役立つでしょう。
履歴書に書くのであれば、2級を目指すのが理想です。簿記には3級から1級まで存在しています。3級は商業簿記、2級は商業簿記と工業簿記が出題範囲です。職種によっては3級ではあまりプラスにならないこともあります。また、1級は難易度が高いため、公認会計士や税理士を目指す学生以外は、2級を目標とするとよいでしょう。

「FP技能検定」お金の知識を身に着ける

金融業界を目指す学生にはFP技能検定もおすすめです。特に簿記と合わせて取得するとよいでしょう。
FP技能検定とはファイナンシャルプランナーとしての国家資格です。ファイナンシャルプランナーはお金についての知識を持ち、日常生活におけるお金の問題についてアドバイスをする専門家です。金融業界に進むうえでの基礎知識を学生のうちに身に着けておくことは大きな武器となります。
初めは3級から始めるとよいですが、最終的には2級以上を取得することを目標としましょう。2級が実務レベルと言われており、内定後に企業から取得を進められる場合も基本的に2級となるでしょう。
FP2級で150~300時間、3級で80~150時間の勉強量が一般的だと言われています。4年生になり就活が本格化すると、ESや面接対策に時間がとられ、ゆっくりと勉強ができません。なるべく早いうちに取得を目指しましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる